Our Baby Girl Is Coming!!

3人目女の子産み分けブログです。

産み分けブログの更新はいったん終了します。

 

三男出産から1ヶ月が経ちました。

 

お腹の中にいる時から、それほど胎動も激しくなく、のんびりした感じの子だなぁ~なんて思っていたのですが、生まれてきてからも三男らしく、のんびりマイペースなかんじの子です(*´ω`*)

 

始めの2週間はちょこちょこ飲みで、ちょっと飲んでは寝て、1~2時間で起きて、また片方飲んで寝て・・・というかんじで、体重の伸びも少なく心配していましたが、3週目以降軌道に乗ってきたのか、しっかり飲んで、寝て、夜も3時間ぐらいはまとまって寝てくれるようになりました。

新生児微笑する顔が、まだ生理現象なんだと分かってはいるけど可愛い♡

 

次男誕生時、赤ちゃん返りしていた長男も、今回は赤ちゃん返りないし、次男も多少抱っこ抱っこの甘えん坊にはなったけど、嫉妬の矛先が三男に向くことはなくて、上2人で三男を可愛がってます(´∀`)

心なしか、上2人のケンカも減ったような気が・・・??

 

私も出産後は、お腹スッキリして、会陰切開ナシ・陣痛ピーク時間短い安産だったので、産後の身体の回復も早く、思うように身体が動くようになったからか、ホルモンバランスが妊娠前に戻ったからか?

妊娠中、あんなにマタニティ―ブル―になっていたのが嘘のように心身共にスッキリしています。

 

上2人にイライラする回数も全然減りました。

そして、すっかり赤ちゃん三男に癒されまくっています♡

 

三男の出産を終えて感じたことは、

やっぱり我が子は男女関係なく、何人目でもみんなそれぞれ違って可愛い!!

 

ただ、『やっぱり娘も欲しかったなぁ~。女の子育ててみたかったなぁ~。』という気持ちは消えずではあります。

 

でも、産み分けに躍起になっていた時とは少し質が違うかんじで、前なら友達に女の子が産まれたり、街中の男女両性持ちの家族を見かけた時に『キィ~~!!私も絶対女の子産んでやる!!』という“沸々と湧き出る嫉妬”というようなものから、『女の子も欲しかったけどね~。まぁ、うちの三兄弟これはこれでいいよね。』という“諦めた昔の願望”というようなものに変わっています(^-^;

 

相変わらず街中の家族の家族構成に目がいってしまうものの、『なーんか、みんなうまいこと男女両方産んでるなぁ~。まぁ、でも羨ましがっても我が家に娘が来るわけじゃないから仕方ないか。』というかんじ。

『ちぇ~。』とは思うけど、羨ましすぎて涙が出るほどツライというのはないです。

 

隣の芝生は青く見えるけど、我が家の芝生も充分青いぞー。と思うようにしてます。

 

旦那家はじめ、周りの同性三兄弟・三姉妹が割と仲のいい人たちが多いので、我が家もそんな仲良し家族になれるように、楽しんでいきたいと思います(*^^*)

 

5人家族になって、なんとなく、いろいろなことがしっくりきていて、ちょうどいい気がします。

 

でもでも、私も今年35歳。

まだあと数年は子供産めるな。という歳なので・・・

 

万が一、宝くじに当たったり、私が共働きになって、子どももう一人いても贅沢しなければなんとかなるかも!?ということになれば、4人目挑戦するかも・・・!?

と思ったり(^-^;

 

でも、その時はもう曖昧な産み分けはしないかな。

 

子供は3人までと決めていたので、4人目に挑戦する理由は『娘も欲しい。女の子も育ててみたい。』という理由しかないだろうし、100%でない産み分けをして性別判定までモヤモヤ、万が一また男の子だったら、「なんでまた男の子なんだろう」ってお腹の中の赤ちゃんを全力で喜べなかったり、上の三兄弟に必要以上にイライラしちゃったりするのかな。と思うので、そんな状況になる可能性があるのであれば、もう4人目は望みません。。。

 

ゆるい条件になってしまったものの次男、三男で自分で出来る産み分けには挑戦したし、周りの『確実に排卵日3日以上前だったのに男の子だった~』とか『排卵日狙ってたけど女の子だったよ。たぶん、排卵日当日か前日かな?』という体験談を聞くたびに『巷で噂されている産み分けってなんなんだ!?それほど大きな効果なくない!?』と思います・・・

 

産み分け成功する人って、パパが男女混合の兄弟で、たまたま次は希望の性別産まれる予定の人が、産み分け試して成功した。ぐらいのかんじなんじゃないかと。

 

パパが男兄弟の男家系のところが産み分け試したところで、女の子が産まれる確率が上がるほどの効果はないように感じます。。。

 

いまだにたまに産み分けブログ覗いたりするのですが、そしたら、タイでの着床前診断ってまだ出来るんですかね?? エージェントさんのブログを見かけて。。。

2014年にタイの法律で禁止された。という情報を3人目妊活時に見ていたので、着床前診断は頭になかったのですが(アメリカの着床前診断は手が出せないほど高いからはじめからナシ)、タイで150~200万ぐらいで100%女の子を妊娠出来るのであれば、アリかも!?

なんてことを思ったり。。。

ちなみにタイは、20代の頃ハマってよく行っていた国なので馴染みもあって、タイに行くことには抵抗ないですしね。 むしろ、タイ行きたい( ̄▽ ̄)

 

着床前診断をした人のブログを見てると、やっぱり上に2人、3人と男兄弟がすでに産まれている方の場合は、男の子の受精卵は何個も出来たけど、女の子が圧倒的に少なかった・・・みたいなケースが多い気がしました。。。

女の子の受精卵は出来ても染色体異常で、諦めて日本で自然妊娠したらやっぱり男の子でした。とか。

 

自然に妊娠して男ばかり3人続いている我が家は、恐らく完全な男家系(^-^;

ちなみに旦那家三兄弟は孫7人中女2:男5です。

もう普通に妊娠したら次も男の子な気しかしません・・・

昔のように、6~7人子供産むような状況だったら、その中で女の子1~2人いるかどうかとか・・・。きっとそんなレベル。

 

なので4人目は、

私が子供産める年齢のうちに、子供4人育てる経済的な見通しがついて、200万ぐらいの着床前診断費用も貯められて、100%次は女の子が産めるなら考えよう。

なんて妄想してます。

宝くじで1億円ぐらいあたれば即決なのになぁ~

 

ただ、こんな条件なので、98%はこのまま5人家族三兄弟でいくかな(^-^;

割と産まれてしまえば三男は可愛いし、男三兄弟本人たちも楽しそうでいいですしね。

今は、“三兄弟ママ”もなんとなくインパクトあってカッコいいかも!?とすら思えてたりします( ̄▽ ̄)笑

 

一番の心配ごとの一つである将来の嫁姑問題も、結局は相性次第ですしね。

 

『女の子産んどいてよかった~。』

『息子ばかりはつまらないわ。』

『女の子1人は産まないと。』

なんていうのは、ほとんどが娘さんがいる人の発言だったりするので、息子しかいない人は、娘がいないならいないなりに、他に楽しみ見つけて楽しんでたりします。

 

男兄弟しかいない旦那さんで、義実家とうまくいってるというのも結構周りではよく聞きます。

我が家も義実家とは近居でうまくやってます。

 

まぁ、将来のことなんて、周りになんと言われようが、人それぞれでどうなるか分からないし、なるようにしかならないのです(*´з`)

 

3歳1歳0歳の男三兄弟なので、もっと大変なのはこれからなのでしょうけど、大変な中でも楽しみを見つけて頑張っていきたいと思います!

 

そんなこんなで、こちらの産み分けブログの更新はいったん終了します。

 

また何か伝えたいことがあったり、まさかの4人目!?があったりしたら更新するかもしれませんが・・・(・´з`・)

 

今後は、もしよければ雑記ブログもやっているので、そちらを覗きに来てくれると嬉しいです(*´ω`*)

 

わたしにとっては 輝く日常

http://www.myradiantdays.com/

 

ありがとうございました☆

 

 

 

産み分けに躍起になる妻を持つ男性の話が入ってます。

産み分け病になっていた自分を客観的に見られて、その妻の気持ちが分かり過ぎるのと、チクりと心が痛むので、おもしろかったです。

憧れの女の子 (双葉文庫)

憧れの女の子 (双葉文庫)

 

 

39w2d 3/16 第三子生まれました!

日付が変わる前の3/16 23:26、第三子の三男が無事生まれました!

 

スマホからの更新なので、ザックリとした出産レポを。

 

この日は、午前中助成券最後の健診。

出掛ける前にトイレに行ったら、おしるしらしきおりもの&出血があり、その後もなんとなく生理痛のような痛みのあるお腹の張りがシクシク…

 

これはいよいよ今夜〜週末あたりお産か!?

という感覚を思い出す。

 

子宮口は3センチぐらいで、そろそろお産が近いかんじ。

とりあえず、週末陣痛が来なければ予定日前日の3/20にまた来て下さい。ということで帰宅。

 

家に帰ってからは、10分間隔ぐらいのいきみ逃ししなくても耐えられる程度のお腹の張りと痛みが続く。

 

どんどん痛くなるんじゃないかと、ヒヤヒヤとしていたのですが、なかなか強くならず。

 

やっと、18:30頃からは7〜8分間隔で、お尻の方まで痛むような痛みに変わる。

でもまだ全然耐えられる。

 

夕方お昼寝してしまっていた子どもたちが起きて、お風呂に入り、夕飯を食べて落ち着いた21時頃パパ帰宅。

 

とりあえず病院に連絡してみたら、3人目なので、一応入院準備して来て。ということになる。

(ほんとはアンナチュラル最終回見たかったんだけどな〜(笑)でも、なんとなく23時まで待つのは危険な予感…)

 

さらに、子どもたちの昼寝が夕方だったので、まったく寝る気配なく…^_^;

 

パパに付き添ってもらう予定だったけど、とりあえず、パパを留守番にして実両親に病院へ連れて行ってもらう。

そして、後ほど子どもたちが寝たらバトンタッチという段取り。

 

21:45頃、産院到着。

 

この頃もまだ7分間隔。お尻にはキテるかんじするけど、全然耐えられるぐらい。

 

とりあえず私だけ陣痛室へ。

NSTつけて様子見。

 

この日のメイン担当は看護副師長のベテラン助産師さん。

 

内診して、モニター見ながら

『子宮口は4センチぐらいかなー。でも、そんなに陣痛強くないねぇ〜。間隔もまだまだだし。こりゃ、朝までかかるかねぇ?』

 なんて話をしながら1時間弱、5〜6分間隔の痛みに耐える。

確かにまだ全然耐えられる。。。

 

まぁ、もうこの時間だし、3/17になってからの方がなんとなく入院日数多くなるしいっか〜みたいにのんびり耐える。

 

22時半頃、両親はいったん帰宅。

帰ってからパパとバトンタッチする予定。

 

朝までかかりそう。との助産師さんの判断で、仮眠しよっか。ということで、部屋の明かりも落とす…

 

が、23時ちょっと前頃から、だんだん痛みが強くなってくる。

間隔は5分ぐらい。

仰向けがもうキツイし、いきみ逃しにテニスボールでお尻の穴圧迫も必要になってくる。

 

数回5分間隔だと思ったら、あれよ、あれよと3分間隔ぐらいになってる!

さらに、中から押されていきみたい感覚も出てくる。

とりあえずナースコール。

 

子宮口も7センチ。

 

『パパは?もう間に合わないかもよ!?』

と言われ電話。

急いで両親と留守番代わって、向かってもらう。

 

しかし、その数分後、一気に陣痛間隔が短くなり、お腹の中は今にも破水しそうな状態、もう痛みはピークで、呼吸も吸ってるんだか吐いてるんだか、身体のどこに力が入ってるんだか、自分でもよく分からないぐらいプチパニック!!!

 

23時24分に破水。

 

そこから一気に赤ちゃんの身体が引っ張り出される間隔があり、

 

23時26分 三男 誕生 !!

 

こんな感じで、のんびりしてたら一気にドタバタ。自分も助産師さんもあたふたビックリなお産になりました(´∀`;)

 

分娩時間のカウントは18時半の7分間隔かららしいので、そこから5時間、産院到着から2時間弱、いきみ逃しもキツイほどの陣痛ピークは30分弱、破水から2分のスピード出産!

 

ほんと、アンナチュラル見てたら産院到着まで間に合わなかった〜!! 危なかった〜!!

(ドラマは産後、なかなか眠れなかったのでベッドの上で見逃し配信で無事見れました。いやー、今季ドラマの中で最高傑作でしたね!)

 

3人目、陣痛ピークから出産が早すぎてコワイぐらいでした。。。

 

結局パパは間に合わず^_^;

ちょうど生まれる頃に電話掛かってきてたので、『もう、生まれちゃった(笑)』と折り返し電話。

 

15分ぐらいしたらパパ到着。

 

生まれる時にちょっと三男の呼吸が苦しくなったのか、肌の色が悪かったらしく、すぐ抱っこ出来なかったけど、パパが来てからご対面。

 

やっぱり兄弟似てる!

でも、なんとなく長男、次男の間みたいな、また一味違ったお顔ヽ(・∀・)ノ

 

大きさも2585gで小さめだった長男、3606gのビッグベビーだった次男のちょうど間ぐらいの3018gという大きさ。

(このため、かすり傷程度で会陰切開ナシでイケました☆)

 

やっぱりエコーで見てた通り、3人目も男の子で(笑)、みんな男の子だったけど、少しずつ違う三兄弟。

 

結局、マタニティブルーの波を引きずったままの出産にはなったけど、やっぱりご対面した3人目は男の子でもかわいい♡♡

 

お腹がスッキリして、“女の子への執着心”も少し生み落とせたかんじ?

 

産後のハイでそうなってるだけで、また女の子出産した友人や、SNSやブログを目にしたら羨ましいと思う気持ちが出てきてしまうのかもしれませんが、なんか、今、気持ちはスッキリしてます(・∀・)

 

今日からのんびり4日間の入院。

 

また退院して落ち着いたら更新したいと思います。

 

取り急ぎ、出産のご報告でした☆ 

 

36週 助産師外来

 

いよいよ3人目も臨月に入りました!

 

長男は39週1日、次男は40週6日で産まれているので、今回も出産予定日前後かな~?とは思っているのですが、先日、産院の母親学級で一緒になった予定日近かった方が2ヶ月早く破水して5人目にして緊急帝王切開で出産されたというのを知って(2~3人目の双子の時でさえ普通分娩だったのに!)、『やっぱりお産は何人目でも何があるか分からないな・・・』と思っています。

 

3人目はどんなお産になるかドキドキ・・・

 

出産予定の産院では、28週頃と36週頃に助産師外来というのがあります。

普段、先生の健診ではゆっくりお話しする時間がないので、助産師外来でエコーをじっくり見せてくれたり、体重管理や妊娠中のメンタルについて、バースプランなどをお話出来るというものです。

 

その2回目助産師外来へ先日行ってきました。

 

続きを読む

マタニティブルー

 

お久しぶりの更新です。

すっかり年も2018年になりましたね(^-^;

 

私はというと、30週に入り、お腹もだいぶ出てきて、中の子も毎日元気に動いています。

 

しかし、2人の未就園児を家で面倒みながらの3人目妊娠・・・ツライ~~~(´Д`)

両家の実家が近くにあるので、何かあればすぐに協力してもらえる環境とはいえ、義父以外はまだ週何回か働いていたりするし、65オーバーのご老体に毎日元気いっぱいの男児2人と遊んでもらうわけにもいかず・・・

 

私も、妊娠初期はつわり軽めなので全然余裕でしたが、中~後期がおなかが張りやすく、キツイタイプなので、もう今の時期がツラすぎる・・・

 

長男は4月からこども園へ通う予定なので、2歳児クラスの学年である今年度までは保育料も高いし、そこまではなんとか我慢して出産に臨もうと思っていたのですが、12月に入ったあたりからいよいよ身体的、精神的にしんどくなってきたので、慌てて2月入所希望で保育園申し込みしました。

 

ただ、4月から入園予定のこども園にのみ希望を出したので、入れるのか分かりませんが・・・

そろそろ結果の通知が来る頃なので、ドキドキです。

 

市の調整枠は満員だけど、園長先生に聞いた時は数人緊急枠が空いているということだったので、園が受け入れしてくれると助かるのですが。

2~3月入園出来なかったらもうほんとキツ過ぎる・・・

 

早めに子どもを産み終えて仕事復帰したいし、周りに仲の良い年の近い兄弟が多かったので、このような子作り計画になり、計画通りの3人目妊娠だったとはいえ、ここ数ヶ月は身体的、精神的にキツイです・・・(*´Д`)

 

 

ただでさえ毎日が修行のような未就園児男児2人との3人目マタニティライフ。

さらに気持ちを落ち込ませているのが、お腹の子が男の子だということ・・・。

 

こういった気持ちをブログに書こうかどうかずっと迷っていたのですが、今の正直な気持ちなので・・・。

 

出産を終えて読み返した時に『なんて、ひどいこと思ってたんだ!!三男、生まれてみたらこんなに可愛いじゃないか!!やっぱりあの時はマタニティブルーだったのね。普通の感情じゃなかったのね・・・(^-^;』と思えるように記録として。。。

 

あとは、私もいろいろな方のブログなどを読んでいて、3兄弟の方の三男妊娠中のちょっとネガティブな記事に共感して、その産後の『三男、かわいい!!』と溺愛している記事を読むと、なんだか救われる気持ちになったりもしているので。

もし、同じように悩んでいる方がいて、共感する気持ちで少しでもラクになってもらえたらと思い、このネガティブな感情も書いてみることにしました。

 

ここからマタニティブルー中のネガティブな感情のお話になるので、そういったネガティブな記事は見たくない方、批判的な気持ちを持たれる方はスルーして下さいね。

 

 

続きを読む

妊娠した周期のトライ内容をおさらい

 

今回、女の子産み分けで『男児確定』してしまったので、産み分け的には失敗ということになるのですが。。。

 

長男妊娠時から『次こそは女の子を・・・!』と思い、産み分けブログを見続けて3年ほど。。。

希望通りいった方、いかなかった方様々でしたが、やっぱり、どちらの結果だったとしても、どんなトライをしてその結果になったか。というのが産み分けブログを見ていた上で一番気になっていたことでした。

 

  • 産み分けの条件を完璧にこなして希望通りだった方。
  • 産み分けしようかと思っていたけど、その前の妊娠で、産み分け出来なかったけど希望通りだった方。
  • なかなか妊娠せず条件を緩めたけど希望通りだった方。
  • 産み分けの条件を一通りやったけど、希望とは違った方。
  • 妊娠したけど、その後記事を更新しなくなってしまって、結果が分からなかった方。
  • 肝心のトライ内容や性別判定記事がメンバー限定記事で読めない方。

 

ほんとに様々でしたが、私は『もし、産み分けが希望通りいかなかったとしても最後まで書く。』と決めてこちらの産み分け専用ブログを始めたので、今回どんなトライをしてこの結果だったか。というのを書きたいと思います。

 

続きを読む

19w2d 妊婦健診 産院でも性別確定!!

 

19w2dだった先週金曜日、4週間ぶりの健診に行ってきました!

前回15wの健診の時の動画で、R先生から“男児確定”されていましたが、『突起がなくなっている奇跡起きたりしないかなぁ~』という、ほんの少しの期待をしつつの健診でした。

 

今回は、産院で一番優しい先生。

ほわ~んとした雰囲気で、ムーミン谷の住人のような先生なんです(笑)

 

この日は待ち時間も順調で、スムーズに順番になりました。

 

そして、いざエコー!

 

頭の大きさを測って、心臓に4つの部屋があるかどうかも確認してくれたり、とにかく丁寧なエコーでした。

 

前回の院長は重要なことだけで終了というかんじで、エコーも1分ほどで終了だったし、『性別は・・・?』なんて聞ける雰囲気ではなかったけど、恐らく今回から大腿骨の長さを測るからブツが映ったら分かってしまうからなのか(笑)、先生の方から『性別秘密とかないですか~?』と聞いてくれました。

 

続きを読む

R先生の男児確定から数日経った気持ち

 

月曜日に受けた健診後、R先生にメールをし『男児確定』をもらいました。

 

“男児確定”の文字を見て、『あぁ・・・私の産み分けが終わった・・・』と思いました。

 

それを見たその日はそこまで凹まなかったのですが、翌日にじわじわ実感がわいてきて、わけもわからず悲しくなりました。

悲しいやら、悔しいやら・・・。

 

 

産み分け、割とちゃんとやったのに。

なんで産み分けしてないような人が女の子産めるの?

『どっちでもよかったよ~』とか言ってる人に限って、両性産んでて、しかも優越感丸出し。

 

周りの『次も男じゃない?』を裏切りたかった。

『やっぱりね~!』とか言われるのが目に見える。悔しすぎる。

 

次の健診になったら、おちんちん消えてました!なんてことにならないかな。

なんて考えてみたり。

『R先生 確定 はずれ』とか『性別判定 逆転』とか調べてみたり。

 

 

でも、見返せば見返すほど、

『あー。これよね。おちんちん横から見たかたち。なんなら、この正面のエコーの丸いのもそうじゃない?』

と思えてきて、

『ん~。これは性別判定が逆転するほど見間違えるようなエコーじゃないわ。』

と思ったり。

 

 

続きを読む